造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

住信SBIネット銀行でランク2からランク3へランクアップしてみた

久しぶりの住信SBIネット銀行ネタです。

2016年1月からスマートプログラムが始まり、ランクによってATMの引き出し手数料や他行宛の振込み手数料の無料回数が変わる内容になっています。

現在ランク2の私は、ATMの引き出し月5回、他行宛振込月3回までが無料となります。

現状、とりあえずこの回数で収まっているんですが、他行宛振込回数を増やす目的でランク3を目指してみました。

 

【新しいスマートプログラム】

新しいスマートプログラムが2017年5月から開始されるようです。大きくは2点の変更。

その1:ポイントが貯まりやすくなる

これらのポイントは、1ポイント=1円で500ポイント以上100ポイント単位で現金に交換可能です。

 

その2:手数料無料回数アップのチャンス

ということで、評判の悪かったスマートプログラムですが、若干条件が緩和されるという事ですね。

 

【ランクアップするには】

さて、ランクを2から3へ上げるためには、下図の”その3”から3つ以上利用が条件となります。ランク2獲得のために、外貨預金とSBIハイブリッド預金を既に契約済みです。この他の商品を1つ利用する必要があります。

簡単そうなのは、給与・賞与・年金受取なのですが、当方の状況ではちょっと使えません。カードローン、デビッドカードも使いたくありません。toto・公営競技、やりません。純金積み立て、目的・不動産ローン、全く興味ありません。

ということで、必然的に仕組預金のみの選択となります。

 

【仕組預金とは】

詳しくは、住信SBIのHPを参照してください。

仕組預金とは

住信SBIネット銀行が提供する仕組預金

仕組預金とは、オプション取引などのデリバティブ(金融派生商品)を組み込んだ預金商品で、通常の預金よりも好金利を実現させています。

住信SBIネット銀行の仕組預金は大きく分けて2つの種類があります。 金利の動向によって預入期間が変わるタイプ(預入期間延長型)と、為替の動向によって満期時の受取通貨が変わるタイプ(元本通貨変動型)です。

上記HPを見てもらえば分かりますが、大きく分けて2タイプの仕組預金があります。
1つは、元本保証の円預金 プレーオフ
1つは、満期日の受け取り通貨が変わる コイントス または オセロ
今回は投資目的ではなく、ランクアップ目的なので安全性重視で元本保証されているプレーオフを選択してみました。

 

【仕組預金プレーオフとは】

では、もう少しだけプレーオフに触れておきましょう。預入期間は最短1年です。その後の更新は、こちらの希望ではなく銀行側が判断します。最大9回見直され、最長10年となります。
ポイントは、期間延長決定日の「市場金利」と「延長後の金利」の比較との事。
詳細は、上記HPを参照してください。とにかく、最短でも1年はランクアップ可能という事になります。
もう1つ注意点が。預入金額が10万円以上1円単位となっています。従って、最悪10年間は使う予定のない10万円を準備する必要があります。
また、プレーオフにも金利がずっと一定のフラット型と、預入期間が延長するほど金利があがるステップアップ型があります。今回は、フラット型を選択しました。税引き後の金利は0.19%となっています。つまり10万円預けて1年後の金利が190円です(^^;
ま、普通預金よりは全然いいですけどね。元本保証されているので、本当にランクアップのためだけの10万円です(笑)

【更なるランクアップはどうするか】

さて、これでランク3を確保できたわけですが、もう1つ上の最上位ランク4になれないかを検討してみます。
条件としては、
外貨預金+仕組預金の合計500万円以上...無理無理(^^;
外貨預金+仕組預金の合計300万円以上+住宅ローン使用...無理無理(^^;
ということで、単純な条件ではかなりハードルが高いです。
と、ここで先ほどの一覧表の一番下に、

SBIカードの引落口座に当社口座をご指定で判定ランクから
レギュラーカード:1ランクアップ ゴールド・プラチナ:2ランクアップ
という記載があります。
レギュラーカードを作れば1ランクアップでランク4も狙えます。
レギュラーカードの年会費は、初年度無料、2年目以降900円(税別)となっています。900円で月15回の引き出し、他行振込が出来ればいいか、という考え方もあります。
でもちょっと待ってください。実はもうちょっとお得なのです。ここで一番最初に載せたランクの一覧表に注目。ランク4にだけ記載されたボーナスポイント50ポイントが毎月支給されます。これ、上でも説明した通り500ポイント以上で現金に交換可能なのです。つまり、ランク4になれば何もせずとも年間600円をもらえるのです。つまり、レギュラーカードの年会費は実質300円(税別)という事になります。
ランク2の状態でゴールドカードを作って2ランクアップ、という手もありますが、こちらは年会費が2,500円となるので、実質1,900円の年会費を支払う必要があります。お得感はちょっと下がるので、やはりランク3からのレギュラーカードがよろしいかと思います。
という事で、最終的にランク4を目指して、レギュラーカードの申し込みまでやっちゃおうと思っているのでした。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA