造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

【更新】電子マネーカードの残高確認はEmoneyReaderが便利(でもGoogle Playからは消えている)

【更新2】

apkファイルのリンク先を正しいものに更新しました。

【更新】

交通系カードを読み取った際の画像を追加しました。

 

交通系、お買い物系の電子マネーカードが色々と出回っておりますが、残高が分からず困った事ありませんか?
スマホのオサイフ機能を使っている方は、アプリで残高確認出来ますが、カードの場合はお店に行くなり、電車に乗るなりしないと分からないですよね。

そんな時便利なアプリがこれ、EmoneyReader です。と言っても、現在このアプリGoogle Playから消えちゃってます。どうして消えたか背景はよく分かりません。代替アプリも探してみましたが、今のところこれに勝るアプリは見つかっていない感じです。ご自分のスマホorタブレットにNFC機能が付いていれば使えます。

スマホorタブレットのスタンバイを解除した状態で、NFC部分にカードを当てると自動的に起動します。(かざし起動という機能です)  読み取った結果は下記のようになります。

EmoneyReader_SS

これ、履歴が残るのがいいんですよね。交通系のSuicaを読み取ると、乗車駅・降車駅まで分かります。ったと思います(はるか昔の記憶なので定かではありませんが(^^;)

下記の通り、どこでチャージして、どこから乗って、どこで降りたか…が全て分かります。

Emoney1

 

さらに便利な機能として、これらのデータをCSVファイルとしてエクスポート出来るんです。
右上の点3つをタップし、”共有” をタップします。

Emoney2

 

どこに出力させるか聞いてくるので、ご自分の好きなところに。

Emoney3

 

出力させたCSVファイルは、Excel等で読み込めますよ。
#出力させたファイルのコードはUTF8なので、そのままExcelに読み込むと文字化けするようです。
#フリーソフト等でS-JISへの変換を行ってからが扱いやすいです。

csv_out

 

カード以外にガラケーのオサイフケータイを使っている場合も読み取り可能です。ガラケー本体でも確認は出来ますが、iアプリ(懐かしい言葉…)起動してボタン押して...とやるよりも、スマホのスタンバイ解除してガラケー押し当てて、の方が早いですね。

さて、どうしてGoogle Playから無くなったのかは分かりませんが、欲しい方はこそっとapkファイルをコチラに置いてみました。セキュリティの設定から”提供元不明のアプリ”をONにしてからapkファイルから直インストールしてみてください。NFC非対応の機器なら、インストール途中でエラーが出ると思います。

 


【関連記事】

ちょっと東京にお上りさんしたんで、ついでにスカイツリーにお上りしてきたぁ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA