造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

Android機のバッテリーの持ちが悪いときに行う2つの事

Xperia Z3 Compact(SO-02G)を使ってます。たまたまLollipopにアップデートも出来てます。この機種、バッテリーの持ちがいいことが一つの特徴ですし、私もそれを実感しておりました。ところが、ここのところどうも調子がよろしくない。寝てる間に充電し、1日持ち歩いて夕方には30%程度まで減っているという状況。途中、メールチェック、ネット接続、アプリ使用を10分ほど、って感じの使い方しかしていないのに。いつの間にこうなってしまったのかは不明です。

で、Battery Mixという電源管理アプリを入れてるので、これのログを見ると、そこに犯人の名前が。

com.google.android.googlequicksearchbox

ってアプリが常に電力消費トップとなっている。 しかも消費量の半分以上はこいつだ。何だこのアプリ? 当然、自分で入れた記憶はありません。google様関係である事は一目瞭然ですが...。

調べてみたところ、何て事はないGoogleアプリでした。

旧ロゴ                 新ロゴ
g_old    G_new

どうも、バージョンアップしてから調子が悪い気がします。(確証がないのであくまでも推測ですが)
OK Googleとか使わないし、Google検索はChromeからしか行わないし、という事で即行削除!

といきたいところですが、Google様のアプリです、削除出来ません…orz。 そんな時は無効化ですね。はい、これでしばらく様子見です。ここ数日は、昼の時点で残り90~95%なので、特に問題は出ていないよう。というか、やはり原因はこいつだったか、という感じ(^^;

以前にもあったんです。タブレット使用時だったんですが、何かの表紙にえらくバッテリーが持たなくなったことが。そん時は、Google+が原因でした。それ以外にもGoogle Photoなんてのも悪さしているという話もあったりしますね。ま、とにかくGoogle様謹製アプリが原因という事は意外とよくある話のようです。また、機種によっても差があったりするので、一概に”これが原因”とは断定しづらいのも事実ですね。

 

まとめ

バッテリーの持ちが悪くなったら、
・Battery Mix等の電源管理アプリで消費電力のデカいアプリを探す
・不要と判断できるものであれば、削除 or 無効化する

これでバッテリーの持ちは改善できるはず!

 

【関連記事】

スマホのバッテリー持ちが悪い方に朗報、Greenifyアプリで劇的改善

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA