造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

Amazonプライムフォト 使ってみた感想

primephoto2

使ってみましたAmazonプライム・フォト。
今のところ、こんな↑感じです。

意外と写真がありました。その数7万枚オーバー(^^; 容量125.7GBでした。これには、RAWファイルも含まれています。実際に使ってみて気付いた点を幾つか挙げてみます。

【良いところ】

  • 画像データは何でも無制限対象となっている
    jpg以外にもbmp、tif、RAW(今回はPentaxのDNGファイル)等々、画像と認識されれば無制限対象となっていました。
  • 画像サイズによらずそのままアップロード可能
  • スマホアプリを使うと、自動アップロード機能が使えて便利
    しかもWi-Fi接続にアップロードする、という設定もあり、データ通信を使わずにアップロードできる
  • スマホアプリのThis Day機能は過去の同じ日付の写真を自動ピックアップしてくれて、思い出(?)に浸れる

 

【今一つなところ】

  • PCからフォルダー指定でアップロードすると、画像以外のデータも有無をいわさずアップロードしてしまう。
    動画データもアップロードしてしまうため、あっという間に5GBを超えてしまい、エラーメッセージが出る。画像データは最後までアップロードされるものの、後から動画データを探し出して一つずつ削除する必要あり。
    →画像データのみ自動認識してアップロードする機能が欲しい
  • This Day機能の有効/無効の切り替え機能が欲しい
    →いつもいつもThis Day機能が必要ではない
  • RAWデータの表示が小さい
    →何か機能的な問題なのかどうか分かりませんが、通常のjpgと同じ大きさでの表示になるよう改善希望
  • View画面は日付が基本となっている。
    →日付とフォルダーと切替機能が欲しい

 

【不明なところ】

  • 今回まとめてアップロードしたんで、何も気にする必要がありませんでしたが、今後は差分アップロードが出来るのか調査が必要です。

 

ここ数日使った限りでは、プライム会員ならぜひとも使わないと損なサービスですね。125GBのデータをアップロードするのに数日間、PCの電源を入れっぱなしにする必要が生じましたが、最初に一度行えば済む話ですからね。今後は、PCに追加した写真だけ差分アップロード機能があれば最強だと思います。

HDDの故障などで写真データを無くすと、二度と取り戻す事は出来ません。私はこれまでに外付けUSB2台を使って、定期的にミラーリングを行ったり、BuffaloのNASに保存したりと、色々なバックアップ手段を講じてきました。今回のプライム・フォトは、これらをCloudを使って”容量無制限”で解決できる、非常に素晴らしいサービスだと思います。

#念のためですが、Amazonのステマではありません(笑)

 

【関連記事】

容量無制限で写真を保存し放題、Amazonプライムの新サービス、プライム・フォト開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください