造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

GL2460HM縦置き用に人生初のディスプレイアームを購入

デュアルモニターで使っているBenQ GL2460HMを縦置きにしました。
その際に購入したディスプレイアームを紹介します。

今回購入したのは、グリーンハウスの4軸クランプ式です。

何と言ってもコストパフォーマンス抜群です。これで3,000円未満で買えちゃうのですから。

実際に取り付けたのが下記写真です。
ITOKIの事務机に取り付けました。

このITOKIの事務机にうまく設置できてるように見えますが、実は結構大変でした。

ケーブルを隠す部分の天板部分に挟み込んだんですが、最初の写真のケーブルカバーを外しただけでは挟み込めませんでした。このスペースだけでは、どうやっても台座を天板に挟めないのです。物理的に不可能でした。

そこで、事務机の幕板というんですかね、裏側全面の板を途中まで引っこ抜いて隙間を作ってからようやく台座を挟み込めたのでした。

もう1点。取説では、

1.台座を机に設置

2.ディスプレイ取り付け部を台座に取り付け

3.最後にディスプレイを取り付け

という流れで書かれています。実際にやってみると、このやり方は結構大変です。

私は、

1.台座を机に設置

2.ディスプレイ取付部をディスプレイに取り付け

3.ディスプレイを取り付けた取付部を台座に取り付け

という流れで行いました。この方が確実に1人で設置出来ます。

 

また、Amazonのレビュー欄には、関節部が非常に固いというコメントが多いですが、逆にしっかりと固定される感じがして、個人的には好印象です。

高さ調整を行う際は、六角レンチでネジを緩めて調整する必要がありますが、一度設置してしまえば、頻繁に高さを変えるものでもないし、この点も個人的には問題ありません。

【まとめ】

総合的に判断して、3,000円未満で購入できるディスプレイアーム、非常に素晴らしいです。
設置場所によっては、今回の私のように台座の設置に苦労する可能性もありますが、そこは創意工夫で何とかなると思います。
今後、横置きに戻す際にもモニターの下の空間を有効に使えるため、机上スペースを有効的に使えると思います。デュアルモニター環境ではない方々にもオススメの一品ですよ。

Amazon等の説明欄には、23.6インチまでという記載がありますが、当方所有のBenQ GL2460HM 24インチで問題なく設置出来ました。

 

【関連記事】

GL2460HMの下を有効活用するために人生2つ目のディスプレイアームを購入

GL2460HMを縦置きにしてみた、そのメリット・デメリット

GL2460HMの台座の外し方

BenQ GL2460HMの最適な設定はこれだ!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください