造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

FREETELのデュアルSIM機 SAMURAIシリーズが面白い

miyabi_kiwami

発表されてから日が経ちましたが、いよいよ雅の発売が開始されましたね。和をイメージしたSAMURAIシリーズ、その名も雅(みやび)と極(きわみ)。

さすがFREETELさんと思わせるそのスペックは、下記の通り。今までにない点としては、デュアルSIMにもかかわらず、その両スロットがLTEに対応している点。国内ではデュアルSIM機自体がほとんど発売されておらず、海外仕様のものを輸入して使うくらいしかなかったんですが、今回のFREETELさんは国内仕様として、しかもSIMフリーでリリースされている点は流石です。同時使用は出来ず、切り替えて使わないといけないのですが、これでキャリアの通話専用SIMとMVNOの格安SIMを1台で使うという方法が確立できるかもですね。
#通話専用SIMはスマホ用ではなく3G用(docomoだとFOMA用)が使える点も見逃せない点

 

雅スペック

miyabi

OS:Android5.1
重量 約150g
ディスプレイ(サイズ/解像度) 5.0inch/1280×720(HD IPS)
CPU Quad core 1.3GHz
メモリ  RAM:2GB、ROM:32GB
外部メディア規格:microSD、microSDXC、最大128GB
カメラ  メイン:1300万画素、サブ:500万画素
バッテリー容量:2200mAh(取り外し可)
SIM スロット数:2(micro/micro)
SIMロックフリー
ネットワーク(周波数帯)
2G:GSM:850/900/1800/1900MHz
3G:UMTS B1/B6/B8/B19
FDD LTE:B1/B3/B8/B19
通信速度※端末の規格速度 LTE:DL:150Mbps / UP:50Mbps
Wi-Fi 802.11b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth Version:4.0 LE対応
センサー GPS搭載 (A-GPS対応)
加速度センサー
近接センサー
光センサー
e-compass

何とこのスペックで、お値段ビックリの\19,800-(税別)

初回入荷分は既に完売です(またか(^^;)。次回入荷は10月下旬の予定とのこと。気になる方は、FREETELの下記サイトを参照願います。

FREETEL SAMURAI 雅

 

極スペック

samuraikiwami
OS:Android5.1
重量 約182g
ディスプレイ(サイズ/解像度) 6.0inch/2560×1440(WQHD)
CPU Octa core 2.0GHz
メモリ  RAM:3GB、ROM:32GB
外部メディア規格:microSD、microSDXC、最大128GB
カメラ  メイン:2100万画素、サブ:800万画素
バッテリー容量:3400mAh
SIM スロット数:2(micro/nano)
SIMロックフリー
ネットワーク(周波数帯)
2G:GSM:850/900/1800/1900MHz
3G:UMTS B1/B6/B8/B19
FDD LTE:B1/B3/B7/B8/B19
通信速度※端末の規格速度 LTE:DL:150Mbps / UP:50Mbps
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
Bluetooth Version:4.1 LE対応
センサー GPS搭載 (A-GPS/GLONASS対応)
加速度センサー
近接センサー
光センサー
e-compass
Gyroscope
NFC
指紋認証

何とこのスペックで、こちらもお値段ビックリの\39,800-(予定価格、税別)
まだ予定となっているので変わる可能性もありますが、これ本当にこのスペックでこの値段で出てきたら、他社は大打撃ですね。

 

こちらは発売日未定ですが、2015年秋発売予定となっていますので、もうすぐ出てくるのでしょう。

いやぁ、何かワクワクしますねぇ。先日のSimpleはガラケー(がらくたけーたい)と酷評されたので、今回のSAMURAIシリーズで汚名返上・名誉挽回といきたいところですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください