造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

EaseUS Partition Master Pro 11.0新機能(ジャンクファイルクリーンアップ編)

先日24時間限定でライセンスが無料配布されたEaseUS Partition Master Pro 11.0、この機会に入手された方も多いのではないでしょうか。
#と言っても、このソフトを使いこなせる方はそれなりにマニアックな方々と思いますが(笑)

さて、今回Ver11.0から新たに追加された機能があります。クリーンアップと最適化です。それらの実行方法および効果について紹介していきます。

 

【ジャンクファイルクリーンアップ機能】

その名の通り、キャッシュファイルや一時ファイル等のゴミファイルを削除してくれる機能です。

EaseUS Partition Master Pro 11.0を起動後、ウィザード→クリーンアップ/最適化ウィザードと進みます。
cleanup1

一番左の”ジャンクファイルクリーン”をクリック
cleanup2

下記Windowになるので、右上の”分析”をクリックします。
cleanup3

Chrome等のブラウザを使っていると、下記Windowが表示されます。
どちらか状況に応じてクリックしてください。
cleanup4

今回試したところ、システムジャンクファイルとブラウザのキャッシュで317MBのジャンクファイルが見つかりました。
右上の”クリーンアップ”をクリックします。
cleanup5

Final Answer? と訊ねられます。”はい”をクリックします。
cleanup6

クリーンアップ処理が実行されます。
cleanup7

317MB”個”という表示が怪しい感じがしますが、これでジャンクファイルのクリーンアップは完了です。
cleanup8

Explorerでドライブの容量を確認すると、ここでクリーンアップされた分だけ容量が増えている事を確認出来ます。

 

以上、ジャンクファイルのクリーンアップでした。

【より詳しい情報を知りたい方】

EaseUS Partition Master Free紹介ページ

【関連記事】

EaseUS Partition Master Pro 11.0新機能(大容量ファイルクリーンアップ編)

EaseUS Partition Master Pro 11.0新機能(ディスク最適化編)

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.