造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

2021年2月1日から南島原市で始まったMINAコイン、今ならキャンペーンでチャージ額の50%ポイント付与

2021年2月1日から、南島原市でMINAコイン(ミナコイン)というスマホを使った電子地域通貨サービスが始まりました。

南島原市内だけで使える電子マネー、と聞くとなぁんだと思われるでしょうが、これが意外と使えそう。

南島原市在住の方はもとより、南島原市に時々来る方々にも結構使えるサービスと思います。なにがって、今なら、

”コロナに負けるな!わくわくMINAコインキャンペーン” というキャンペーンをやっておりまして、チャージした金額の50%を上限10,000ポイント付与、という太っ腹なキャンペーンとなっております。
つまり、20,000円チャージすれば、10,000ポイント貰えて、30,000円分の買い物が出来ちゃう、ってことですよ。

これはこの電子マネー使わない手はないですね。

詳細については、下記を参照してください。

https://www.city.minamishimabara.lg.jp/page8961.html?type=top

https://www.18shinwabank.co.jp/personal/service/minacoin/

支払い方法については動画参照

https://www.18shinwabank.co.jp/media/minacoin-m-pay.mp4

 

アプリを入れて、PIN設定すれば使えるようになります。
チャージ方法は2種類あって、

・十八親和銀行の南島原市内の各支店窓口
・十八親和銀行の口座を連携してスマホアプリから

口座連携には、メールアドレスとパスワード設定、口座に登録されている電話からの認証、等々が必要です。

 

【使えるお店】

2/1現在256の店舗が登録されているようですが、日々使えるお店は増えているようです。

スマホアプリの中央下部にある”探す”をタップ

カテゴリー別に探せたりします
十八親和のMINAコインページにもリストが載っていますが、アプリの方が情報更新が早いようです。

個人的に使いそうなお店として、
・セブンイレブン(コンビニ)
・酒のパワーズ(お酒)
・鶏の白石(唐揚げ)
・若竹丸(回転寿司)

辺りでしょうか。スーパーもあちこち使えるようになってるみたいですから、日々の買い物に使うと、本当にサイフ無しで買い物できるようになりますね。

スーパーとしては、

・口之津サンピア(食料品部門)
・北有馬パロス
・北有馬はやしだ
・西有家クレア
・有江イオン
・有江Aコープ(イオン内)

辺りでしょうかね。もちろんこれ以外にもありますので検索してみてください。

 

【注意点】

・アプリをインストールしたデフォルト状態では、”ポイントを優先的に使用する”がオフの状態です。
アプリ左上のマイページをタップして、下記画面を開いて、ポイントを優先的に使用するをオンにしておかないと、ポイントがいつまでも残ってしまうことになります。

・キャンペーンの50%ポイント付与は、総額1億5千万ポイントに達したら終了となっています。10,000ポイント上限で換算すると15,000人までとなります。南島原市の人口の約1/3くらいなので、スマホを持っていない世代、電子マネーに興味のない方等考えると、慌てなくても希望者には全員行きわたるのかなぁと思います。 とはいえ、市内在住者に限定したキャンペーンではないため、市外の方でもアプリさえ入れればこのキャンペーンは適用されるので、欲しい方はお早めにアプリをインストールして、チャージまで済ませておくといいでしょうね。

・十八親和銀行に口座を作ったその日は、残高があってもアプリにチャージできません。
チャージが出来るのは翌日以降になります。やろうとしたら”システムエラー”という表示しか出ません。口座の連携失敗したのか、と不安になるメッセージ。もう少し安心感を与えるよう改善を求めます。
例えば、”明日以降もう一度お試しください” とか、”口座開設当日はチャージできません”とか。

・問い合わせが電話だけ
WEBに簡単なQ&Aが載ってますが、オンラインでの問い合わせは出来ません。電話のみの問い合わせのようです。これだけのサービスを立ち上げてるのに、問い合わせ窓口が電話だけというのは今どきどうかと思いますが…

 

【不明な点】

・口座連携は、南島原市内の十八親和銀行の各支店限定なのか、十八親和銀行全店OKなのか分かりません
・1つの口座から複数のスマホにチャージが出来るのか分かりません

 

【まとめ】

地域活性化という観点で、今回のMINAコインはよくできていると思います。あまり期待していなかった分、よく見えてるのかもしれませんが(笑)
キャンペーンによるポイント付与だけで、1億5千万円相当の経済効果が出るはずですから、その後の経済活動にもつながる気がします。今後、地方都市で同じような通貨サービスが始まるかもしれませんが、南島原市がその先駆けとなったらうれしいことですね。

 

【別件ですが…】

どこぞの大臣さんが、はんこレス社会の実現に向けて….という方針を発表されてから何ヶ月でしょうか。地方銀行で口座を作る際には、未だにはんこが必要でした。身分証明書のコピーを取られ、勤務先の情報も全て記載して、そこまでしてどうしてはんこが必要なのか、私には理解できません。こんなことしてるから、みんなネットバンクに流れるんです。
こんなド田舎に住んでる私のメインバンクは、住信SBIネットバンクです。オンラインで振込できるし、コンビニでいつでも入金・出金できるし、口座作るのにはんこ要らないし….
もっと言えば、ランクに応じて手数料無料になるし、少なくとも地方銀行よりもいいことずくめですよ。他にも幾つかネットバンクの口座作ってます。条件が悪くなったらすぐに乗り換えできるようにね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください