造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

Rakuten MiniからXiaomi Redmi 9Tへ格安で乗り換えてみた話

楽天モバイルの回線を本体料1円で入手したRakuten Miniにて、1年間無料で運用してきました。
と言っても当方の居住地は、まだ楽天モバイルのエリアになっていないので、KDDIのパートナーエリアでの運用がほとんどです。従って月のデータ使用は5GBに制限されます。まぁ、無料だからそこは我慢してましたけどね。

楽天モバイルを契約した理由は、本体1円で1年間無料だったこともありましたが、本来は自宅のメイン回線として使うことを想定していました。1年間無料の間にエリア拡大で使えるようになれば、月々2,980円(税別)でデータ使い放題の回線が手に入る、という算段だったのです。残念ながら予定は未定という感じですね…

ところが、ここへきて2021年8月には楽天エリアに入りそうなエリアマップが公開されました。

そうなると、Rakuten Miniでは掴む電波が少ないのではないか、という不安が広がりまして…
どうにか別の機種を入手できないか、と探していたところ、当方がメインで使用しているMVNOであるIIJmioにて、MNP限定スマホ本体110円セールなんてものをやってまして。

丁度1年無料が切れるタイミングもあり、ありがたく使わせて頂きました。
110円の機種は3種類ほどでした。OPPOのやつを狙ってたんですが、人気機種らしく毎日品切れ状態。
入荷したタイミングで契約処理を進めて、さぁ最後のポチっと…で在庫なし とかね

しょうがないから、バッテリー持ちが良く在庫があったXiaomiのRedmi 9Tという機種を選択。
おおまかな流れは下記の通り。

楽天モバイル→IIJmio(MNP) Redmi 9Tゲット、翌月まで使用→楽天モバイル(MNP)

IIJmioの音声付SIMは、最低契約期間が翌月末日までとなっておりますので、この期間を遵守して、楽天モバイルへと舞い戻りました(笑)

これが110円でゲットしたXiaomiのRedmi 9T

とても110円と思えないクオリティ(当たり前か)

なんとケースまで付属

OSはAndroidベースにXiami独自のOSを載せてる感じ
ちょっと使いづらいところもありますね

これが電源投入して初期設定完了した画面

Rakuten Miniと並べるとこんなに違います(;^_^A

Redmi 9Tで既に楽天モバイルのSIMを挿して使用しています。
Rakuten Miniは、Edyとかおサイフ機能が付いているので、その辺で有効活用していこうかと。

 

【問題点】

楽天モバイル側の問題だと思うのですが….

楽天モバイルは、Rakuten Linkというアプリを使うことで通話もSMSも無料で使い放題なのですが、Redmi 9TをWi-Fi接続した状態で通話すると、番号が非通知になるのです。

全ての機種がそうなるわけではなさそうですが、ネット上でもあちこちで話題になってますね。
Wi-Fiを切っていれば問題はなさそうです。

固定回線代わりに使おうと思ってる当方の使い方としては、問題はありません。しかし、通話無料を目的にデータ使用量1GB以下で0円運用しようという目的の方がいらっしゃれば、電話をかけるたびにWi-Fiを切る、という1手間が必要となります。

この点については、早くアプリのアップデートか本体のファームウェアアップデートで改善してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください