造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

55インチ4K HDR対応テレビが59,800円という事実

個人的に、テレビは東芝のREGZA一択と決めて十数年(笑)、いやぁこれはありかも、というテレビが出てきました。

それは、オプトスタイルという会社が販売を開始した55インチ4K HDR対応の液晶テレビが、なんと驚きの税込み59,800円という事実。(送料は別途必要。地域によって4,806円~8,586円、沖縄は18,522円)

 

 

4K放送を受信するためには別途チューナーが必要です。
※あまり知られていないかもしれませんが、大手メーカーから発売済みの4K対応テレビも状況は同じです。ようやく今度発売される最新のREGZAからは、4Kチューナー搭載されるようですね。※

なかなかレビューが上がってこないので、しばらく様子を見てましたが、これなかなか割り切った感じがあって、いいと思います。

Amazon、価格.comでぼちぼちとレビューが上がってきています。スピーカーがしょぼいようですが、画質面では問題はなさそう。Amazonで8件のレビューが上がっており、4.3点。価格.comの満足度・レビューでは2件のレビューが上がっており、4.5点。となかなかの高評価。

オプトスタイルという会社、国内のベンチャー企業のようですね。代表者の方は、これまでもいろんな会社を手掛けてこられた方のようです。出始めたばかりの商品なので、長期信頼性や保証体制等、不明な点が多いところに不安を抱く方も多いと思います。レビューも少ないので購入に踏み切れない方もいらっしゃると思います。

保証については、下記の通りですね。

  • 無償保証は購入日から2年間となります。保証の内容は「オプトスタイル・ダイレクト保証規定」の通りとなります。
  • 延長保証は3年間の無償保証期間を延長し、購入日より5年間の無償保証となります。延長保証付き製品は「オプトスタイル・ダイレクト」サイトのみでの販売となります。amazonでは販売していません。延長保証だけを追加購入することはできません。

メーカー保証が2年となっているのは、品質に自信を持っている証か?
延長保証3年(約5,000円)を選択できる点は、品質面が心配なユーザーも多少安心感が増す?

何よりも”信頼の日本製メインボード搭載”と謳っているメインボードは、東芝製のようです。ジェネリックREGZAと言われたあのボードですね。

従って、番組表や各種操作のメニュー画面は、REGZAユーザーには親しみやすいと思われます。

また、外付けのUSB HDDを接続することで、録画も可能。地デジもBS/CSもダブルチューナー搭載で、裏番組録画も可能。さらに、追っかけ再生、連ドラ予約、再生時の1.5倍速早見・早聞き機能等、REGZAユーザーには当たり前の機能もそのまま使えるようです。

現在我が家でテレビを買い替える予定はありません。追加で購入する予定もありません。が、今どのテレビがお薦め? と聞かれたら、迷わずこのオプトスタイルの55インチをお薦めします。送料込みで約65,000円で55インチの4K HDR対応のテレビが手に入る時代が来るとは….

 

昨年あたりから格安4Kテレビが続々と販売されていますが、その評判は今一つ、やはり価格相応とか、買う価値無しとか、画質がひどすぎるという評判がほとんどでした。ここへきて、HDR対応のものが出てきたこともあり、ようやく性能的にも1つ上がった感じがしています。

20万、30万を出して最新機能てんこ盛りのテレビを買うのもいいですが、5年持てばよしとして6万で5年毎に買い替える、という選択もありなのかもしれませんね。

 

更に、2018/5/23から出荷開始した、75インチの4K HDR対応のテレビもありますよ。こちらは税込199,800円となっています(笑)

 

 

いやぁ、オプトスタイルという会社、これから注目です。
オプトスタイルの詳細については、下記HPを参照してください。

https://optstyle.jp/

 

今後、いろんなサイズのテレビを販売予定という話もあり、さらにコストパフォーマンスのよいテレビが出てくるかもしれませんね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください