造園屋のIT関連独り言

PC、モバイル、IT機器等について綴ります

IT僻地でのネット環境はモバイルルーター+ぷららモバイルLTEが最強

さて、まずは当方のネット環境について。
当方、いわゆるIT僻地と言われる場所です。光回線なんて夢のまた夢(笑)。ケーブルテレビからも見向きもされず、ADSLが何とかリンクするような状況です。先日までADSL 1.5Mのフレッツ契約でつないでいたんですが、プロバイダ料まで含めて4,500円/月程度支払ってました。
これは、コスト的によろしくないので、どうせスピードが出ないのなら料金だけでも安くしよう、という事で導入したのが、下記モバイルルーター(Aterm MR03LN)とデータ通信専用SIMカードの組み合わせ。

Aterm_MR03LNぷららLTE

 

モバイルルーターというくらいなので、本来の用途は外出時にモバイル機器をネットに接続するためのものです。当方ではこれを固定回線として使っちゃおう、という目論見です。使用しているデータ通信用SIMは、ぷららモバイルLTE定額無制限プランです。


これで2,980円/月と毎月の支払いを1,500円削減です。通信速度はmax 3Mbpsと決して高速ではないし、昼間は1Mbps出ない時もありますが、当方の使い方としては全く問題ありません。

いや、ひかりが使えるようになればそっちに変えますよ...もちろん(笑)

※追記
これ、何がいいってデータ通信量無制限なのです。通信速度を3Mbpsに制限している代わりに通信量に制限ありません。通常の携帯キャリアのデータ通信は、例えば7GB超えると200kbpsに制限されたりするわけですが、これはその制限がありません。何百GB使ってもいいわけです。当方、仕事で使っているソフトが頻繁にデータ更新するものがあって、多いときは200MB~300MB/日のデータ量になります。これがパソコン2台分だったりすると、ねぇ(笑)

更に追記
モバイル環境なので、物理的な工事が不要です。ルーター買ってきて、SIM挿して、ルーターの設定をちょいちょいとすれば、ネットにつながります。電話線の工事とか、ひかりファイバー導入のような工事が不要でお手軽に始められますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください